プロフィール

アイコ

Author:アイコ

最新の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
FC2カウンター
過去ログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんね。

先日、大好きなおじいちゃんが亡くなりました。
89歳でした。
優しくて、頭が良くて、書道や水彩画や水墨画がとーっても上手で、自慢のおじいちゃんでした。
旅行も好きでよく行ってたし、社交的で色んなことに挑戦していました。…スキーも70歳になって始めたとか…!
私が何でもやりたがりなのはおじいちゃんの血だろうなぁ。
もう水彩画を描いても見てもらえないんだなぁ。半分はおじいちゃんに見てもらいたいから描いてたのに。
嬉しそうな笑顔をもう一度見たかったなぁ。

そんな、大好きなおじいちゃんのお通夜の日…
お通夜の前に、「旅支度」といって遺体をあらって白い衣装に着替えさせて納棺する儀式があります。
もう息をしていないおじいちゃんを目の前にして、あらためて悲しみが湧き上がってきます。
小さな部屋全体が悲しみに覆われるなか、母(おじいちゃんの娘)はやってしまいました…!
隣で震える母を横目で見て、あぁ、泣いてるんだな…と思っていたのですが、何か様子がおかしい。
まさか…!と思って見てみると、なんと真っ赤な顔して爆笑しているのですマジですか
しかも笑いは隣に座ってるおばさん(母の姉)にまで飛び火して、当然私もこらえきれずに爆笑…マジですかマジですか

3人ともなんとか咳をしたり泣いてるようにしたりしてごまかそうと必死でしたが、もう全然ごまかしきれてなかったと思います…絵文字名を入力してください

後からなんで笑ってたのか聞いたら、司会の男の人の声が震えてて裏返ったからだとか…
もぉーほんとに不謹慎極まりない…おじいちゃん、ゴメン

まったく、親の遺体を目の前にして笑うなんて、信じられない!!(といいつつ自分も笑ってしまいましたが…)
とブツブツ言ってたのですが、やっぱり私はそんな親の娘でした。
本葬儀の日、一番前の席でやってしまったのです。
葬儀も終盤、おじいちゃんのお友達が「お別れの言葉」を言ってくれて、会場全体の涙を誘っていました。
おじいちゃん、素敵な友達に出会えてよかったね、と私も涙をグッとこらえていました。
…が、最後にそのお友達、お得意のハーモニカを吹くとおっしゃって…
「ヤバい!!!」と思いました。
お願いだから上手に吹いて…!!!と祈るように聴いていたのですが、
「ピー」「プー」「ピー」と音合わせがなかなか終わりません。
1分位そんな音を出していて、そのお友達が一言。「すいません、緊張しちゃって上手く吹けなくて」
えぇぇー!?今の曲だったの!!??と思った瞬間、ブホォっと吹き出してしまいました…
そこからツボに入ってしまった私は、御焼香の時までずっと肩を震わせて笑い続け、自分の番が終わると席でなお笑い続けました…
もう何がおかしいかも分からず、笑っちゃいけないと思えば思うほどおかしくて…
ハンカチを顔にあてていたので、周りからみたら大号泣しているように見えたはずです。…多分。

ほんとにゴメンね、おじいちゃん
私は死んだ後も魂があるとか、どうしても信じられないのだけれど…
もしほんとにあるのだとしたら、笑ってる娘達と孫をみて「まったくこの子らは…」といつもの優しい笑顔で見ていてくれたかな?

この日記を見て、不快に思った方いらっしゃったら申し訳ございません。
スポンサーサイト

コメント

読んでて思わず笑ってしまったよ!(;゚д゚)
aikoのおじいちゃんごめんなさい…
でも天国のおじいちゃんもわかってると思うよ。
その様子を笑顔で見守ってくれてたんじゃないかな。
ご冥福をお祈りいたします。

ありがとう!

私もこぜろも、「笑っちゃいけない時」にめちゃめちゃ弱いよねー(^^;)
中学の卒業式はみんな泣いてたのに私達だけ笑ってたもんね…
二人で笑い出すと止まらないしね(>▽<)


いやぁ、

お爺ちゃんもきっと笑顔で送り出してもらえて嬉しかったと思うよww
それにしても、音合わせだと思ってたのが曲だったなんて・・・
ちょっとその場に居合わせてみたかった☆

そういってもらえて良かったー!
「すみません…吹けなくて」って言った後にもう一度吹き始めて、その時は割りと上手だったんだけど、もうツボにはいっちゃってたからダメだったぁ(>o<)
笑いをこらえるのは辛いっ!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。